FC2ブログ

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:37 2014/09/30

おはようございます。
外国為替NY(今)、
さらに円安、109.46円。
LME銅、35ドル下げ。
後場、52ドル上げ。
銅在庫、-400トン。
NY銅、+2.40セント。
LME銅建値計算78万円。
LME後場銅建値計算79万円。
NY銅建値計算78万円。
為替がさらに円安。
109円半ばまで来ています。
銅相場は行って来いと
言ったところでしょうか
この調子なら10月の銅建値
据え置きスタートの感じ。
銅建値上げるにしても
為替動向如何なのでしょう
為替はまだまだ円安に
進んでいきそう。
でもそろそろいろいろ
経済活動に対して問題が
出始めています。
日本にしても意図的な
円安誘導を仕組んで
いるのかとも感じますが
一歩間違えば大変なことに
なるようにも思います。
経済を立て直す円安が
経済をガタガタにする円安へ
そうなってもらいたくないです。
中国の雑品市場に動きが
何やら下げ傾向の様子。
もろもろの問題が表面化
して来ている感じです。
国慶節明け心配です。
香港情勢も気になります。
昨日の日経+80.78円。
アジア株は続落気味。
ロンドン小動き2.79ポイント安。
米反落ダウ41ドル安。


フェイスブックでの
私個人の人となりや
荒井明商店もよろしく!
『今日のつぶやき』は
私の発想の方で!


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

スポンサーサイト



週間銅相場情報つぶやき

10:22 2014/09/28

おはようございます。

為替、109円を挟んだ展開。
円安の勢いは落ち着いた感じ。
これからの方向性ですが
やはり円安なのかとも。
LME銅、上げたり下げたりで
結果相当狭いレンジでの動き。
NY銅、最後は落ちてしまいました。
週明けが心配ではあります。
銅在庫、途中大きく増加。
減少するも大きく増加
そのパターンのようです。
とにかく銅建値では
為替の影響が大でした。
トントントンと為替が
109円台への円安になって
それに伴って銅建値も
2万円上げのとなった次第。
まあその時も下駄を
履かせすぎかなあと
思いましたがその後の
24日の銅建値2万円下げ
結局結果月平均とは
さほど乖離がないようには
なりましたけれどもね。
もう一段の銅相場の
下げがあれば10月は
下げ始まりと言うことにも
なりかねません。
米は何だかんだいっても
利上げのタイミングは
予定通りなのでしょう。
どうも景気は良さそう。
良くないのは欧州のようです。
そして心配なのは中国
週明け国慶節がはじまります。
中国国内では倹約令だとか
海外へ出ての出費を楽しむ
そんな感じになっています。
日本でもそれを当て込んでの
胸算用を立てているとも。
お金ってね実に面白いです
持っていると使いたく
なるものなのですよね。
その性格があるからこそ
お金が回るという所以。
しかしそのお金の
出所が問題なのです。
いよいよその判定が
近づいているやも
知れません。
国慶節開け後が心配です。


フェイスブックでの
私個人の人となりや
荒井明商店もよろしく!
『今日のつぶやき』は
私の発想の方で!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページHP
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

週間銅相場情報

20140928

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:54 2014/09/27

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円安、109.27円。
LME銅、5ドル上げ。
後場、9ドル下げ。
銅在庫、-1,100トン。
NY銅、-3.10セント。
LME銅建値計算78万円。
LME後場銅建値計算78万円。
NY銅建値計算77万円。
為替もまた109円台へ。
銅相場は小動き。
NY銅は少し動いたか。
4~6月期のGDP確定値が
改定値から上方修正
米景気が順調に
回復しているとの見方。
米ダウの動きの上下幅が
ここの所実に大きい大きい。
これは何かを暗示している?
その点銅相場自体の
動きは狭いレンジ幅と。
中国で100億ドル近い
虚偽貿易取引が
発覚したと発表。
ここの所の按配が
すでに織り込み済みか
そうでないのかが問題。
今後の展開には特に
注視でしょうかね。
たぶん理財商品がらみにも
波及する可能性も大。
不動産がらみも
すべてリンクしている
ことなのでしょうからね。
さあどうなって
いきますことやら。
昨日の日経-144.28円。
アジア株は小幅な動き。
ロンドン小反発9.68ポイント高。
米反発ダウ167ドル高。


フェイスブックでの
私個人の人となりや
荒井明商店もよろしく!
『今日のつぶやき』は
私の発想の方で!


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:53 2014/09/26

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円高、108.71円。
LME銅、16ドル上げ。
後場、17ドル下げ。
銅在庫、-500トン。
NY銅、+0.05セント。
LME銅建値計算78万円。
LME後場銅建値計算78万円。
NY銅建値計算78万円。
昨日銅建値2万円下げの
銅相場は小動きと
いったところ。
NY銅のグラフでは
下降気味と取れますが。
四半期末の9月末を控え
という見方も取れます。
米ダウ反落264ドル安
世界景気や地政学リスク警戒
これに大いに関連を
しているのかもと。
米利上げのタイミングは
当初通りなのでしょう。
ここへきて各指標のブレで
変更はありえないと。
品物の出はやはり
少ないように思います。
日本も消費税上げの
タイミングの決めが
迫ります。
10%は避けられないでしょう。
今後はますます
厳しい感じになるように
思います。
相変わらず気がかりは
中国の不動産動向。
ニュースを探す毎日です。
昨日の日経+206.69円。
アジア株、上海続伸香港反落。
ロンドン反落66.56ポイント安。
米ダウ反落264ドル安。


フェイスブックでの
私個人の人となりや
荒井明商店もよろしく!
『今日のつぶやき』は
私の発想の方で!


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

NY銅相場

Ny2014092606


銅相場後退気味。
米ダウ反落し264ドル安 
世界景気や
地政学リスク警戒。
これに作用でしょう。

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:56 2014/09/25

おはようございます。
外国為替NY(今)、
ちょい円安、109.07円。
LME銅、47ドル下げ。
後場、31ドル上げ。
銅在庫、+4,000トン。
NY銅、+2.50セント。
LME銅建値計算78万円。
LME後場銅建値計算78万円。
NY銅建値計算78万円。
昨日銅建値2万円下げの
78万円に改定されました。
月平均を考えると
やはり2万円の下げでしたね。
銅在庫が4桁増えました。
米ダウ反発1カ月ぶり上げ幅
住宅指標の改善を手がかりと。
米の利上げは当初の予定通り
行われることなのでしょう。
まだ利上げに敏感に
ならなくても良い感じと。
いろいろな指標が出ますが
大勢には影響ない感じ。
そんなことよりも
気になるところが
中国の不動産関係です。
こちらは由々しき感じ。
日本のバブル崩壊時に
まあよく似た感じと
なっている様子です。
タイミングははたして
いつなのかといったところ。
昨日の日経-38.45円。
アジア株は続伸反発。
ロンドン反発30.19ポイント高。
米反発ダウ154ドル高。


フェイスブックでの
私個人の人となりや
荒井明商店もよろしく!
『今日のつぶやき』は
私の発想の方で!


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

銅建値2万円下げの78万円に改定。

2014/09/24
電気銅  780円 -20
月平均 782.0円

Tatene20140924

銅相場情報つぶやき

銅相場情報つぶやき

6:26 2014/09/24

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、108.86円。
LME銅、15ドル上げ。
後場、10ドル下げ。
銅在庫、-1,600トン。
NY銅、-0.35セント。
LME銅建値計算79万円。
LME後場銅建値計算78万円。
NY銅建値計算77万円。
今日銅建値1万円下げ予想。
中国9月のPMIが前月から改善
でも公の場で要人らが
中国経済下ぶれリスクと公言
切羽詰っているようにも
取られてしまいます。
また米ダウ続落の原因も
欧州の景気不安や
地政学リスクでと。
なにやらドタバタ感を
否めません。
どうも雰囲気が
良くありません。
注意することに
こしたことはありません。
こういうときの
大半の人間心理とは?
守り、我慢、節約
この傾向となります。
そしてますます消費は
負のスパイラルへと。
中国がその傾向が顕著。
日本では我慢しきれなく
なってきている傾向
それを煽っているふしも
ありますがね。
別にそれにのらなくても
良いわけなのですけれども。
ロンドン続落97.55ポイント安。
米ダウ続落116ドル安。


フェイスブックでの
私個人の人となりや
荒井明商店もよろしく!
『今日のつぶやき』は
私の発想の方で!


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

NY銅相場

Ny2014092406


期待をしましたが
戻りませんでした。
米ダウ続落
欧州の景気不安や
地政学リスクで。
中国経済鈍化懸念
ここは大きいのかもしれません。

プロフィール

どうそうば

Author:どうそうば
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード