FC2ブログ

NY銅相場

Ny2010113019


行ったり来たり。
スポンサーサイト



テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

銅相場情報つぶやき

6:50 2010/11/30

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円安、84.27円。
LME銅、31ドル上げ。
後場、66ドル下げ。
銅在庫、-450トン。
NY銅、0.70セント上げ。
LME銅建値計算74万円。
LME後場銅建値計算73万円。
NY銅建値計算値73万円
銅相場を上に持っていこうとするけれど
なかなかその通りには行かない。
踊り場といってしまえばそうなのでしょう。
でも周りの情勢は芳しくはない。
欧州問題は一筋縄ではいかない。
現にドルが高くなってきてしまっている。
今後のユーロはどうなるのか?
その影響は如何なものか?
今はクリスマス商戦に
助けられている感じです。
昨日の日経+86.43円。
アジア株はまちまち。
ロンドン株、117.75ポイント安で終了。
米国株、続落ダウ39ドル安。
急に時間には強制されたくはないと
思いましたね。
時間に縛られたくはない。
もっと時間を自由に操りたい。
自分が時間を使いこなす側でいたい。
私は列んで待つことが大嫌いです。
旅行なども朝早く出る。
空いている時間に帰ってくる。
イベントで列ぶことも嫌いです。
こないだのゴッホ展は20分待ち。
わたしが見終わったときには40分待ち。
そのわりにはどうだったかというと…。
ちょっとひねくれて考えると
映画やコンサート、舞台など
時間に強制されていますよね
その間は動きがとれない
その場にいなければいけない。
だから付加価値を付けられるとも。
ビデオが重宝がられるのは
自分で時間を調整できるから
見たいときに見る途中で止められる。
そう考えると読書が最適になってしまう。
想像はとにかく自由で縛りがない。
熱中すれば時間の概念もなくなります。
受動と能動の違いは
ある意味、対極です
この違いはとんでもなく大きいです。
そんなふうに急に思ってしまいました。
これからの自分の行動が
変わるかもしれない。
そんな気がしています。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

NY銅相場

Ny2010113006


やはり上にはいけず。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

NY銅相場

Ny2010112921


簡単には上にはいけないようです。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

週間銅相場つぶやき

9:34 2010/11/28

おはようございます。

先週は、

為替は、
円安、84円に。
LME銅相場は、後半動きが鈍く。
銅在庫は、相変わらず変化が3桁。
NY銅、後半鈍く。
今日から米韓合同演習が
始まります。
この成り行きは
終わってみなければ
わかりません。
何が起こるのか?
無事終わるのか?
そして欧州問題
こちらも想像がつきません
とんでもない結果を生むのか?
なんとかやり過ごせるのか?
日本においても
「景気足踏み」のアンケート結果も。
踊らせども踊らず
ばらまけども潤わず。
内からの息吹がなければ
外からいくらおこなっても
無駄なだけかと思います。
消費を促そう!
高い物を買わせよう!
でもですね
無駄なことは根本的に
皆さんしないと思いますよ。
地デジはわかります。
アナログでは観られなくなるのですから
切り替え需要は理にかなっています。
エコポイントは如何なものでしょう。
欲しいものがなければいりません。
私自身ではテレビも
いらないとの認識ですから
(かみさんはテレビはいると)
我慢するというよりは
強いて欲しいものもあまりない。
今ある物で十分、
逆に無駄遣いはしたくない。
少し前までは不景気打破のため
お金を使ってあげないととも
思いましたが先立つ物がない
余計なものはいらない
これでは貢献のしようがありません。
必然と仕事などは
後進国、新興国を目指す羽目になります。
少子高齢化、財政悪化
借金を重ねては立ちゆかなくなることは
わかりきっていることです。
緊縮財政、これは国でも家庭でも
長い時間をかけておこなわなければ。
余裕が生まれるまで余分が出来るまで。
急になんとかしなければとか
一気になんとかしなければとかは
どだい無理な話なのです。
これは歴史も証明しています。
質素で倹約、出るものを節約。
実入りを増やし、出るものを押さえる。
これしかないです。
それも長い時間をかけて
ゆっくり徐々に確実に。
焦ってはいけないことだったのです。
誰が何といおうと
踊ってはいけないことなのです。
踊らされてはいけないことなのです。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

週間銅相場

20101128

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

銅相場情報つぶやき

7:01 2010/11/27

おはようございます。
外国為替NY(今)、
円安、84.09円。
LME銅、2ドル下げ。
後場、9ドル下げ。
銅在庫、+450トン。
NY銅、0.45セント下げ。
LME銅建値計算73万円。
LME後場銅建値計算73万円。
NY銅建値計算値73万円
NY銅のグラフでは
下降傾向が出ていましたが
なんとか踏みとどまった感じ。
欧州懸念があるものの
米では年末商戦が始まり
ブラックフライデー。
(小売店が黒字になる意味)
クリスマスまで勢いが
削がれなければいいのですがね。
懸案は直近では28日ですかね。
昨日の日経-40.20円。
アジア株は反落。
ロンドン株、30.23ポイント安で終了。
米国株、ダウ反落で95ドル安、
欧州不安拡散、さもありなんです。
私は常々こう思っています。
働いている実感がある場合のみ
付加価値は与えられる。
つまり対価を得られる
与えられるものだと。
何もしていなければ
何も得られないということ。
時間つぶしは決して
対価を生まない。
当然といえば当然です。
頭を使えとよくいわれますが
頭で稼げる人はごくわずか
やはり体や行動で
稼ぐ事が真っ当な方法。
そう考えると
怠けていたら稼げません。
デフレはいけない?
物が安くなっていけないですか?
同じものが安いことは悪くはない。
対価が取れなくなるから
手間賃が取れなくなるから
でも考えてみてください
体を動かしている人には
対価が支払われています。
そりゃ程度の差は否めませんが。
私は体を動かして
汗をかいて夢中になって
1日仕事があったなあ
出来たなあと実感できれば
それで幸せだと思います。
必ず対価はついてくる物ですから。
あくまで程度の差ですけれどね。
それでも良いじゃないですか。
それで良いんです。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

NY銅相場

Ny2010112706


なんとか踏みとどまった感じ
ですかね。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

NY銅相場

Ny2010112617


ぎょっ!
下がっている!

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

銅相場情報つぶやき

6:37 2010/11/26

おはようございます。
外国為替NY(今)、
あまり変わらず、83.57円。
LME銅、35ドル上げ。
後場、?。
銅在庫、-575トン。
NY銅、休み。
LME銅建値計算73万円。
LME後場銅建値計算?万円。
NY銅建値計算値?万円
NY銅のグラフでは
後半上昇しています。
何かの改善が見られたのでは。
しかしどうも私は
先々の不安はぬぐえません。
あくまでアジア先行の動きですね。
欧米はあてにならない。
もちろん日本もです。
でも米のGDP1500兆円の半分は
クリスマス商戦だそうです。
この時期必ず
盛り上がらなくてはなりません。
そうするとクリスマスまでですかね
各相場のピークは?
昨日の日経+49.65円。
アジアは続伸上昇。
ロンドン株、41.83ポイント高で終了。
クリスマスまであと一ヶ月
賑わいを続けなければね。
勤労感謝の日は
ゴッホ展にいってから
丸の内散歩をしました。
かみさん曰く
「今は銀座より丸の内よ!」と
なるほど有名店、高級店が
ズラッとお店が列んでいます。
みんな真剣に見て回ったら
到底一日では回りきれません。
当たり前ですね、また突っ込まれそう。
華やか、優雅、何か夢心地
そんな感じなのですが
正札を見ると高い物は実に高いですが
そうでもない感じの物もある。
そりゃ普通から言ったら高いのですよ
でもちょっとむりすれば買えそうな感じ。
でもでもよく考えると
店舗代が上乗せされている感じは
どうしても否定できません。
銀座の老舗は皆自社ビル。
今問題になることは経費です。
日本人が高い物(質が本当に高い)を
どんどん買えればいいです。
今はアジアからのお金持ちが
来て買っていくのでしょうかね。
それが少しでも滞りはじめたら
と考えると心配になります。
ブランドもさることながら
お金を出しても良いものは
本当に質の高い物。
そうやってみてみると
疑問を払拭できなかった
散策ではありました。
要は何が言いたいといえば
真面目、正直、こだわり
それが何よりです。
わかりますよねこの意味が。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

プロフィール

どうそうば

Author:どうそうば
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード