FC2ブログ

週間銅相場つぶやき

6:46 2009/05/31

おはようございます。

先週は、

為替は、一転円安に。
LME銅相場は、再上昇。
銅在庫は、31万トン台へ。
NY銅、2.2ドル間近。
結局終わってみれば
銅建値は先月と同じ値に。
銅外電を見れば先月よりは上昇、
他の非鉄を見ても外電は上昇傾向。
原油も66ドル台へと入ってきてます。
銅在庫も週明け早々30万トンを切るかも。
インフレ傾向なのか?
米長期金利上昇!
GM破綻も6/1に発表!
さてさて今後の世界の動きはどうか?
私は何でも知っているわけではないです。
情報を仕入れてのことですから、
仕入れ先が異なれば感覚もずれてくる。
私の傾向は消極的とも悲観的とも。
ある意味、肝っ玉は小さい、臆病者。
何かあったらどうしようとか、
災いが降りかからなければいいけれどとか、
常々考えて眠れないことも多々あります。
如何に損を最小限に食い止めるか?
そのために間違った判断をしていないか?
本当の意味での流れに沿っているか?
信念がぐらついていないか?
嘘、偽りなく行動しているか?
お天道様に恥じることはしていないか?
大義名分を貫いているか?
まー、偉そうにと思われるかも。
でも私はダメなんですよ。
そうしていないと体に支障が来てしまう。
心技体、健康でいるためには
上記のことを守っていないといけない。
私の精神面で健康でいられる秘訣は
外にしゃべってしまうこと。
内に溜めておかないことです。
それも身内にしゃべってしまうこと。
友人、知人に話してしまうこと。
ネットで公表してしまうこと。
これですっきりする、肩こりが治る。
そして議論まで発展させれば
先々のことまで見えてくるように。
でもこれが必ず正しいとは限らない。
だから臆病くらいでしょうちょうど良い。
自分のなかで臆病というヘッジをかけている。
大損はしたくない、だから大儲けも出来ない。
それで良いじゃないですか。
人間はそのくらいでちょうど良い。
私は常々そう思っています。
宝くじは夢を追っているうちが華です。
現実に潰されるよりは平穏が一番です。
そう思いませんか、皆さん?

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)
スポンサーサイト



テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

週間銅相場

20090531

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

銅相場情報

6:56 2009/05/30

おはようございます。

外国為替NY(今)、1円以上円高!。
LME銅、140ドル近く上げ。
後場、あまり変わらず。
銅在庫、-4850トン。
NY銅、6セントとちょっと上げ。
LME銅建値計算値51万円。
LME後場銅建値計算値51万円。
NY銅建値計算値51万円。
6月の銅建値始まり
3万円上げの51万円スタートの可能性。
銅在庫も初っぱなで30万トン切る感じに。
原油も66ドル台まで上昇。
インフレ傾向?資源関係にお金の流れが?
アライお前、下がると言ってたじゃないか!
今まで何いい加減なこと言っていたんだ!
おしかりはおしかりとして受け止めます。
私のスタンスは有事の時の対応は必要と
それをいつも言っていた次第です。
どこでしっぺ返しを食らうかの
準備は怠りなくと言っているだけです。
リーマンの時のようにね。
傾向、予兆はだいぶ前からあったわけですから。
昨日の日経+71.11円。
アジア株は香港株大引け続伸。
ロンドン株30.40ポイント高で終了。
米国株続伸、ダウ96ドル高、
素材買われ3カ月連続上昇、GM1ドル割れ。
お金の流れには
糞詰まりがあってはいけないようです、
どこかでお金がまわらなくてはいけない。
お金がお金を得る仕組みは
リーマンショックの傷手があっても
変わることを知らない感じです。
先物での大量の買い戻しなど、
指標とは別の動きで惑わされてしまう。
どの指標が的を得ていて
どの指標がごまかしの作用があるのか。
よく見極めないといけません。
こんな所でも必然は間違いのないところ。
必然を信じていれば大丈夫です。
私のつぶやきは議論の対象の
ちょっとした手助けが出来ればと思います。
使い方、利用の仕方は各自自由です。
こんな考え方もあると言うことで
参考にしていただければ。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

NY銅相場

Ny2009053006

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

NY銅相場

Ny2009052919

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

銅相場情報

6:19 2009/05/29

おはようございます。

外国為替NY(今)、1円以上円安!。
LME銅、少し下げ。
後場、あまり変わらず。
銅在庫、-2150トン。
NY銅、2セント近く上げ。
LME銅建値計算値50万円。
LME後場銅建値計算値51万円。
NY銅建値計算値51万円。
この調子なら6月銅建値
為替が円安になっているので、
3万円上げの51万円始まり可能性?!
原油も65ドル台へ。
これからしても底堅いのか。
香港、中国、台湾各市場は休場6/1から
ここが読みづらいところ。
たぶんGM破綻後の動きですからね。
昨日の日経+12.62円。
アジア株は大きな変化はなし。
ロンドン株28.69ポイント安で終了。
米国株、反発+103.78。
数値としてはよくわからない動き。
GM問題数字に表れていないでしょうがね。
皆さん、議論を戦わせられる人はいますか?
友人知人仕事仲間何人いますか?
私には何人かいます。
これは私の財産でもあります。
議論というと論破して
やりこめるイメージありますが、
私はそうではないと思っています。
自分で集めた情報に自分の考えを加え
それを相手に話して説明して聞かせる。
そして相手の考え意見と戦わせる。
お互いに尊重しあって修正しあって
情報交換しシミレーションしあって
お互いの糧としあうことでの議論です。
世の中、話し合いと言っても
愚痴が多かったり、揚げ足をとったり、
知った情報を言い合うだけだったり、
なかなか議論まで出来る人はいないそうです。
メディアの発達でともすると情報過多、
そしてあるところでは情報操作までも。
鵜呑みにしていたら大変なことになります。
でも大半がそんな鵜呑みの状態にいます。
情報が出てこないのは問題があります、
でも情報に振り回されてはいけない。
自分の意見、自分の方向性を
常に持たないといけないと思います。
インプットだけではいけません。
自分の考えを話してみる事での
アウトプットを忘れてはいけません。
私はいつでも門戸は開いています。
一斉に来られても困りますけれどね。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

NY銅相場

Ny2009052906

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

NY銅相場

Ny2009052817

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

銅相場情報

6:29 2009/05/28

おはようございます。

外国為替NY(今)、円安気味。
LME銅、123ドル上げ。
後場、ちょっと下げ。
銅在庫、-7300トン。
NY銅、3セントとちょい下げ。
LME銅建値計算値50万円。
LME後場銅建値計算値50万円。
NY銅建値計算値50万円。
この調子なら6月銅建値
2万円上げての50万円始まりの様子。
銅在庫も30万トン切る勢い。
原油も64ドル台へと。
不慮のことがなければね。
不慮のこととは?
GM破綻はカウントダウン、核戦争?
米国債長期金利の急上昇!
何かいやな予感がしますがね。
昨日の日経+127.96円。
アジア株は大幅反発。
ロンドン株4.51ポイント高で終了。
米国株、大幅に反落-173.47。
GM破綻時、日本メーカーも相当な傷手。
部品の売掛金回収不能に。
夢ではなく現実とやっと認識しますね。
米では相当なデフレだそうです。
高くてはものが売れない、
一度安くしてしまうと値段を上げられない。
日本も人件費がデフレ傾向。
一時期人件費は上昇に転じたんですがね。
せっかく腕があっても技があっても
まわりの傾向、流れには逆らえない。
だから今後は農業だろうと言って
若者が農業に向かっている。
のぎゃる(農業ギャル)もでる始末。
活性化と言うことは別に悪くはないです。
注目を浴びると言うことも1つの方法論。
要はそこからが大変と言うことです。
継続、発展、担っていかなければいけない。
そこまでの気構えがあるかどうか。
流行すたりはなんにでも付きまといます。
良いときは皆が群がります、
ダメになり出すとスーッとひいていきます。
ま、それが世の常と言ったら簡単ですが。
日本だけが平和ボケであったら大変なこと。
この国に住んでいるからには
他人事ではすまされません。
長期金利上昇、不慮の出来事、
インフレは避けられないのか?
身を軽くして置いた方が
良いかもしれませんね!

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
銅相場情報+(プラス)

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

NY銅相場

Ny2009052806

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

どうそうば

Author:どうそうば
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード