健康であるために。

老後のために
高齢化のために
頭と体を鍛えて
おかなければとは
思っています。

体に関しては最近の
ジム流行はうなずける
ふしもあります。

しっかりとした
アドバイスの中での
体の鍛え方は誠に
理にかなっていると
ともすると自分勝手だと
無理して体を壊して
しまうかもしれませんから。

でもそのためには
お金はどうしても
掛かってしまうものです。

私はこのお金がかかる事が
自分の努力が足りない
と思ってしまいます。

散歩、筋トレ
プールなど
ジムでなくても
安くあげる事は出来ます。

でも先ほど言ったように
自分本位では故障の原因にも
年をとってからのそれは
致命傷になりかねません。

そういう意味では
ジムでの自己投資は
仕方がないことなのかも
そう考えるとこのビジネス
益々発展の余地が
あるのかもしれません。

月1万円位の出費
なんとか出せなくては
いけません。
健康を勝ち取るためには
仕方ありませんね。

さあ私はどうしましょう?
それさえもケチるのか?
他人に教わること
嫌いですからね、アハ。
本買って済ませたりして。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)
スポンサーサイト

1,000円引きに飛びつく!

1,000円安くなっている
っと言われたら飛びついて
しまった私でした。

息子にユニクロのジーンズが
1,000円安くなっている
といわれて買ってきてものを
穿いて見せてもらいました。

息子曰く
ユニクロのジーンズは
自分の体型にぴったり
これで良いんだってね。

私もユニクロのジーンズは
結構ぴったりなのです
まあ親子ですから体型も
同じようなものですから。

ちょうど夏用に色あせたものが
欲しいと思っていたので
早速、買ってしまいました。

今まではこのタイプ
白や黒のジーンズを
買っていましたから
ブルージーンズは初めて
でも同じパターンですから
なんら問題はありませんでした。

でもこの価格でこのスタイル
これをやられてしまったら
他の高いのは選ばなく
なってしまうかもです。

ちなみに買いに行った時に
はいていたのは511でした。
まあ生地感が多少違う程度で
シルエットはあまり違和感無し
ストレッチがはっていますからね
もうこうなってしまうとね。

まあこれでジーンズも一通りの
価格帯を買った事になりました。
後は穿く時に自分のどれを
はきたいかの感覚だけです。

全てが安ければ良いと
いうわけではありませんけれど
わざわざ高いものをという
付加価値をどこで見出せばを
考えさせられてしまうと
なんともなあと思った次第でした。

でもまた安いものに飽きれば
高いものも欲しくなる
この繰り返しのように思います
もうこれで良いと決め付けるのは
寂しさがありますけらね。



私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

自分に置き換えてみる

うまくいっている時は
それはいつも奇蹟なのだと
思うことにしています。

決して驕らず
決して浮かれず
決して自慢せず

それを怠れば
必ずしっぺ返しが
待っているものです。

運不運は等分なのだと
私は思っています。
運がよければ
それと同じくらい
不運も待ち構えているものと。

ですから気をつけるのが
不運は必ずあるから
良いことだけでは決して
そのまま行きはしないと
常に思っていること
不運を招き寄せないこと
不運が発動しても
最小限に抑えること。

この事は常に
肝に銘じておくことです。
持つ者の
守る者の
責任ある者の
習わしだと心得て
おくべき事と思っています。



私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

必然の出会い

出会いは突然ではなく
必然の上で起きている。
そう思いました。

この本との出合い

『おとなの作文教室』
外岡秀俊:著

180416_02


しっかり自分の技術として
身につけたいと思います。

どんなに発想があったも
その表現、文章力が
乏しければ何にもなりません
そして文章も読みやすく
なくてはいけません。

ただただたくさん書けば
実につくというのではないと
思っていましたから
なおのことこの出会いは
必然と言えるのだと思います。

しっかり勉強して
無意識でその技法を
難なく駆使できるように
ならなくてはと思います。

発想と文章を書く技術
この両輪があってこそ
なのだと思っています。

さあ勉強勉強!



私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

やっぱり紙

私は小説を紙の本で
読みますが息子などは
スマホで無料の小説を
読んでいます。
聞けばこれで十分なのだと。
そして文章がやっぱり
一番良いといっています。

私も今は文章が
一番だと思います。
頭の中で自分の想像での
映像を描く事が間違いなく
違和感が無くとても
心地よいからです。

何やら今はその無料で
読ませる小説の所から
作家デビューがされて
いるようです。
出版社がもうそこを
無視できなくなって
しまったようです。

私もその手での作品を
読んでみた事がありますが
何かどうもまだなじめません。
文章の質というか文章の
完成度に満足出来ない。

ですからやはり
お気に入りの作家の作品を
好んで読むようになります。
または文学賞をとって
オッと思った作家を
追っかけたりします。

やはり物語を読んでいて
文章の安定感を
見てしまうのかもです。
物語の良し悪しでなく
文章のの良し悪しを
その上で物語りもうまく
出来ているかどうかと。

もっと新人を応援しなければ
いけないのでしょうが
やはり自分勝手
自分の好きを最優先
してしまっています。
今はまっているのは
石田衣良さんの『爽年』

今更若者が好む
ファンタジーでは
ありませんから。
現実に即した
考えさせられる小説
これに限ります。



私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)
プロフィール

どうそうば

Author:どうそうば
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード