週間銅相場情報つぶやき

11:36 2018/02/18

おはようございます。
一週間を振り返ると
15日銅建値トン1万円上げの
80万円に改定されました。
月平均も同じレベルへ。
今週は銅相場堅調でした。
先週に銅建値3万円下げて
そのままズルズルと
行くと思いましたから。
為替が円高でなければ
もうちょっと戻った感じも。
中国も春節入り
銅相場も薄商いのようです。
春節入りして銅在庫の動きは
3ケタ台となっています。
春節明けからはまた
買いが入るのでは?
といっている人も。
銅相場は底堅い
今年はまだ上を目指す
のではないかという意見も。
巷では建設ラッシュ
また通信系も相当な入れ込み
ようになっているとも。
まだまだ通信環境を良く
しなければと言った状態
オリンピックまでその後も
まだまだ発展の余地もと。
そう考えれば電線関係の
需要の衰えは無いのかも
しかし携帯の売れ行きが
どうもここへきてよくない。
まあそもそももう十分に
普通使う上では問題なし
スマホ機器代がこう高いと
いうネックはマイナス要因
経済への影響はこちらか。
今後の中国の経済見通し
マネーの一極集中
株価の乱高下
仮想通貨の問題
危うさが日に日に
増しているようにも
思えてなりません。
今年は何かありそう
そう思わずにはいられません。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページHP
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)


スポンサーサイト

今朝のつぶやき ふとした発想

人が労働で仕事で
お金を稼がなくては
いけないのか?
ふとそんな事を
考えてしまいました。

お金が勝手に増えていく
そんな仕組みがあれば
人がそもそも働く必要は
無いのではないかと。

AIが全てお金を
稼いでくれる
機械が全てお金を
稼いでくれる。
それでも良いのかもと。

人が暮らすのに
お金の心配を
しなくても良い。
働かなくて良い
そんな生活。

今後はそうなっていくのか?

はたしてそれが成り立つのか?

人がAIに変わると言う事は
そんなように想像してしまいます。
もっと言えば人は必要か?
邪魔なモノではないのか?
無駄なモノではないのか?
なんてね。

AIや自動化は
人のためになるのか?

不思議な思いが
頭をかすっていきました。


私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

今朝のつぶやき ここが踏ん張りどころ

いよいよ暮れも
押し迫ってまいりました。
ここの所
叱られてばかりです。

しきりにボケたのかとも
言われたりしてね。
(笑)

こうバタバタしてくると
自分のこと仕事のことだけで
もう頭の中がいっぱいで
常に何かを考えている状態
他の事への注意や思考が
回っていきません。

まあこういうときは
怪我や事故には少なくとも
注意力をまわして
おかなければと思います。

毎日がこうでは到底
やっていけなくなりますが
夜は自分勝手にと思えるうちは
ストレス解消の術も
まだあるというものです。

ところがそれがここへきて
アニメやドラマがみんな
終ってしまってストレス発散の
術を失いかけているのです。
これは誠に由々しきこと。

後2日なんとか我慢できて
寝正月へと持ち込めれば
セーフと思っておりますが
最後の最後まで
しんどくなりそうです
もう一息の踏ん張りです。

私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

今朝のつぶやき 完全休養日!

日曜日は完全休養!

昨日は全くの
完全休養日でした。

毎週日曜日の朝は
ネット配信の仕事をする
これがここ何十年の
私の日課でしたが昨日は
それを全くいたしませんでした。
その代わり今日の朝にと。

休む事を
どうしようどうしようと
思っていたら
それこそがストレスなのです。
いっそ全く何もやらない。

寝たければ寝る
食べたければ食べる
ネットを観たければ観る
ただそれだけ。

ある意味本能のままに
したいようにする。
しなければいけない
という事を全く排除する。
家にいればこそ
そんな生活が出来ます。

とてもストレス解消になりました。
もう週末はこれかなあというほど。
日々しっかりやっていれば
週末までやる必要はなしです。

これも頭の切り替えかもです
もうこの年になると
これが出来ないようでは
行き詰ってしまうでしょう。

さあ今日からまた
一生懸命です!



私の発想
毎日更新楽天日記
銅相場情報メインページ
ブログ銅相場情報
銅相場情報+(プラス)

週間銅相場情報

20170205
プロフィール

どうそうば

Author:どうそうば
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード